読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第15回 床に座る機会の多い育児、実は骨盤に悪いんです!体の歪み、腰痛・猫背予防「骨盤座椅子 凛座 Linza」

こんにちは。神楽坂在住の呑兵衛なアラサー主婦です!今回は実体験を含めて、ママ目線でご紹介いたします。

体の歪み・腰痛・猫背、姿勢の悪さからくる身体の不調って実は色々あるんです。

私は以前ダンスをしていたことがあり(もう十年前になりますが。…え、十年経つ?衝撃…。)その頃の遺産で、背筋だけはピンとしてました。人にもよく、背筋だけは褒められたものです。

でも、産後にガタガタッときました。

育児中、床に座っていませんか?

どうにも肩こりがひどい、腰が痛い、股関節が痛い…その上、目の奥からズキズキするような頭痛。 あまりにも辛いので赤ちゃんも連れて行ける整体に行ったところ、ズバッと言われました。
「身体の歪みがひどいです。」

…ガーン。
(ガーンってもう古いらしいですよ。でも最近息子が覚えて多用しているので15年後にまた若者言葉になるはずです。)


私の身体の不調の主な原因は、育児によって普段取らない姿勢を取り続けることでした。
授乳のために首を下げているので猫背っぽくなり、どうしても抱っこは慣れた方でしかできなかったので肩も凝り。
添い寝していたのですが、息子がピッタリ収まりやすい方向があったのでいつも左を下にしていたため、肩も内側に入ってしまっている。と。

そして整体師さんに、
「普段の育児、床に座ってませんか?」 と言われました。

答えはもちろんYESです。

どこに椅子にどっかり座ったまま育児をしている母がいるというのか??
テーブルセットでお茶を嗜みながら、オホホウフフと子どもを見守る児童館でもあるのでしょうか??

何を言っちゃってんのこの整体師さん。
凄腕で(週一でお世話になってました)、小学生の子供が3人いるパパなんですーって言ってたのに、え、突然、敵か?
時々遭遇する「出来もしない理想論」みたいなのをぶつけるタイプですか?ん?

と、身構えそうになったのですが、
「座椅子使ってください。」
…え、あ、そういうこと?なんか早とちりしてキレそうになってごめんなさい。

私は主に床に座るときに「お姉さん座り」をしていました。
その上、足を右に投げ出す方向でないとなんとなく身体が辛くて毎回同じ方に体を歪ませ続けていたそうです。
足の長さも3センチくらい、左右差出てますよって言われました。
ええええええ。

慌てて普段の生活を見直したところ、
歪みが取れると身体の辛さ、段違いです!!!
育児は毎日続くもの。
生活習慣を見直すというと大変そうですが、床座りを姿勢コントロールを意識した座椅子に変えるだけで大きな変化がありました!

凛と座るを骨盤から考えた美姿勢サポート座椅子 凛座


こちらの座椅子は、座った時の美姿勢を意識して設計されているので、腰のところをクッと押してくれる設計になっていて、「骨盤を立てて」くれます。
そのため、自然と綺麗な姿勢をサポートしてくれるんです♪

これ、嬉しいのが「椅子の上においても使える」ということ!
私なんかは身体が硬いので、この上であぐらが1番楽ですが、食事中や子どもが寝ているときにパソコンいじる時なんかは、椅子に座ります。
そんな時は、椅子の上において、引き続き美姿勢を保っていられる、というわけ。

お尻が前滑りしないように設計されているので、深く腰掛けるだけで、とても安定して綺麗に座っていられますよー!!

デザインも私が好きな、「余計なものがないシンプル・スタイリッシュ」!
オレンジと黒から選べます。

画像からサイトに飛べますので、是非チェックしてみてください♡